2005年10月03日

24 seasonV

051002.jpg今更ながら、一気に見ることができました。現在TVで放映してるわけだが、夜遅すぎて見れるわけNEeeee!!録画しとけって話だが、今まで録画しといて後で見た試しがあまりありませn

今回も、CTUと官邸の連中は休憩もとらず一睡もせず、いつWCに行ってるのかわからん位ハードスケジュールでした。定番である、中盤での大どんでん返し。前回までのは、『ウソーン(:゚Д゚)』な感じだったけど、今回のは『(;´д`)ウッハー』な感じでしt 分かり難い方は本編見てください。
ま、アノ人もやっぱ出てきたsネタバレ的なことは余り言わないでおこうかな。

ひとつこのドラマで学んだモノ




規則は破ってなんぼ!




(・∀・)イイネ!!




とりあえず、見てなかった4話から最後24話まで、ぶっ通しで一日で観続けたわけだが。
だいたい14時間くらいでいけます。
Wも既にレンタル出てるし、見とかんt
posted by naxyx at 00:07| Comment(5) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

FF7AC

050921.jpg7-11で予約して買っちまいましt 千円安いし!先週土曜にマターリ観賞。より洗練されたCGのクオリティやアクションシーンの演出はかなりカコイイ!!と率直な感想…。■Pめ、ヤルな…。
だが、墨次男の指摘した通り「重力無視」はちょっとキツい。けどあのバカでかい剣はキャラの特徴だし、スピード感出す為には仕方がないので目を瞑るが、バイクの戦闘シーンでは、重力どころか慣性の法則までムリヤリ杉。
さらには空中で人を上に投げまくるわ、かなりあり得ない事が起きているわけだが、まぁSFな世界だしとりあえず良しとしとくk
さて、観賞しながら思ったこと。


ストーリー憶えてねえええええええええwwwwwwwwww



しかし、エンディング曲に氷室京介を抜擢するとh カコヨスギヒムロック…。
見終わった後に気付いたが、メニューにある前作(ゲーム)のダイジェストで、おおまかなストーリーをおさらいできるようになってますt これを見て懐かしがるのもまた一興。
あと、豪華版BOX(29500円タカスwww)に、ゲームの前のストーリーを描いたOVAが入っているようで。んーコレは別にいいy
posted by naxyx at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

FinalFantasy - ADVENT CHILDREN

FF7の続編
DVDによるフルCG映像作品DA!

まだ作品自体完成していないのに、ヴェネチア国際映画祭に招待された異例作。

サンプルムービーを見てみると









       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ゴクリ。
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |










と、久々になりました。

ちょっと期待してみます。

ADVENT CHILDRENオフィシャル
posted by naxyx at 13:21| Comment(1) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

華氏911

華氏911

監督・脚本:マイケル・ムーア

主演:ジョージ・W・ブッシュ
(笑



さてさて、ムーア作品2連発でs

ブッシュ再選前に上映されたこの作品。
前半はとにかくブッシュを煽る・皮肉る・コケにすると批判の嵐(゚Д゚)

世界貿易センタービルに航空機が突っ込んだ丁度その時、ブッシュは小学校で本を読んでいた。誰も何もせぬまま約7分が過ぎる。

その他、ブッシュ家とビン・ラディン一族との裏のビジネス関係。
「大量破壊兵器を製造している」「アルカイダを匿った」として直接関係ないイラクを攻撃。
『報復』という口実で戦争を仕掛けるアメリカ。その影響で儲ける企業とブッシュとの繋がり。
挙句の果てには、この戦争でイラク国民を「自由への解放」と唱える。


もうなんか・・・、見てるとどんどんブッシュが最悪の人物に見えてくる。コイツ何考えてんの?と。ていうか、「よくこんなん調べたな・・・」っと驚き。


そして映画は段々戦争批判の流れに。

この辺りのエピソードは、ものすごく悲しい戦場の現実と、戦死者の兵士の家族などがスポットに当てられる。
戦闘地域のあまりの混乱さ故「動くものは撃て」といった感じで、民間人の被害は甚大。「いったい俺たち何やってんだ?」と困惑する兵士。

映像的にもかなりショッキングで、グロいシーンもあった。俺は平気だったけど、こういうの弱い人には結構キツイかも知れない。



とりあえず、ムーア氏にはこの調子でガンガン『腐敗大国アメリカ』を根底からつっこんで頂きたい。こういう事が出来る人は、ホント尊敬できるし羨ましいです。

俺も戦争は反対です。無益な罪の無い血は流れない方が絶対に良いはずですyp



posted by naxyx at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボウリング・フォー・コロンバイン

Bowling for Columbine【ボウリング・フォー・コロンバイン】

監督・脚本・主演:マイケル・ムーア




アメリカにおける『銃社会』をテーマにしたドキュメンタリー映画。
以前から見よう見ようと思ってて、やっと今日借りて観れた・・・。(休みを取ったのに暇だったのd)


なんつーか、アメリカってほんとおっかない国だなーと改めて認識。
銃における殺人事件発生件数は、他の国の10倍以上!これ異常でs

カナダでの取材では、こう語る。
3000万世帯もの人口で、銃所持は700万世帯だと。これ結構多い。
しかし銃による犯罪件数はアメリカの何十分の一。何故なのでしょう?

カナダが少ないわけじゃなく、アメリカが断トツに多い訳なんだからそっちに原因がある訳で、ムーア氏曰く

・アメリカ人の抱く『恐怖』が銃犯罪を助長する。
・銃が簡単に入手でき過ぎる。


という事。途中アニメが紹介されて、一部始終を流してたんだけど、その内容はものすごく『白人逝ってよし』系でs
アメリカ人の歴史みたいな内容だったんだけど、すごくコミカルにおもしろオカシク皮肉タップリ。

怖がりな白人は、自分で働くのがイヤで黒人を誘拐し、タダで働かせどんどんリッチになっていきました。そんな事を続けてたらどんどん黒人が増えていって、やがて反乱されました。白人は怖がりなので、新しい武器を作って黒人を制圧し殺しました(サミュエル・コルト氏によるリボルバー式小銃開発)。すると今度は自分の仲間の白人も怖がるようになり、それぞれ自分の領土や家に鍵を掛け閉じ篭り、いつまでも幸せに暮らしました☆

という感じだったと思う。(一部記憶が曖昧)



メンタルな部分はそうなのかも知れないが、『銃が簡単に誰でも入手できる』って現状がとにかく一番の原因ではないか?と俺は思う。例えるなら、近所のスーパーでゴボウを買ってくる感覚で銃が買える。

規制が必要だと多くのアメリカ人も唱えているにも係わらず、NRA(全米ライフル協会)による擁護や、「自己防衛や家族を守る為」などと言った防犯目的の人らもいるので、なかなか規制への動きがみられない。まぁ現在のあの大統領なんかじゃ好戦的過ぎて、規制する気なんかないんだろうけd



んー・・・なんか他所の国の事なんだけども、かなり真剣に考えさせられた(;´д`)
けどおもしろかった。
posted by naxyx at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2004 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。