2005年02月09日

【UD】白血病・ガン解析ボランティアをしよう

■UDがん研究プロジェクト

米国で2001年から始動したプロジェクトで、コンピュータ使用時の余剰処理能力を使用し、白血病・がんの治療薬研究解析の目的で分散コンピューティングを用いてスクリーニング作業を行うというものです。

これをインターネット接続したPCなら、誰でもこのプロジェクトに参加する事が可能です。

簡単に言うと、あなたのPCのCPUの余った力で、治療薬研究のお手伝いをする訳です。

※CPUは、常に100%働いている訳ではなく、殆どの時間は力を余らせています。UDはその余った力を使って解析処理をします。
FF含む3Dゲームや動画再生等のCPU付加が高い処理をしている時には、UDはそのソフトを優先します。普段の使用ではUDによる過負荷はありません。

----

http://ud-team2ch.net/
上のURLは2ちゃんねる発足のUDチームのホームページ。
UDプロジェクトは、解析にポイントを付けて参加者同士でポイント数を競い合うシステムになっており、より多くポイントを貯めようとモチベーションをあげられるようになってます。

チーム毎にそのポイントを集計する事が出来る訳だが、上記の2ちゃんねる発足の“Team 2ch”は世界第一位のポイント数を誇る大規模チームだったのd

・・・恐るべし2ちゃんねる。



「UD導入ガイド」にUDクライアントソフトのDLとインストール方法がわかりやすく載ってます。

MemberNameの入力の際、「○○@××」のような『@』を半角で含めると、チームの中でも更に自動区分されるようです。(まぁギルドやクランみたいな雰囲気で)

例) naoyu@FFXI@mmo
FFXIユーザーでUDやってる人達のサイト:UD-Team2ch@FFXI@mmo Wiki


また、FF等CPU付加の高いソフトを使用している時に、解析ポイントが上がりにくくなる場合があるわけだが、そんな時は“UD Monitor”というツールを使えば良いそうな。
「外部ツール」からDL可能です。

UD Monitorの詳しい解説・日本語化はhttp://homepage3.nifty.com/mshige/ud/を参照して貰えれば分かります。

-----

今回このUDプロジェクトを知ったのは2ちゃんねる。
久しぶりに読んでて偶然見つけた。

普段ボランティアには、町でたまたま出会った募金運動の人に募金したり、ネット募金したり程度な事しかしたことなかったけど、こういうボランティア活動もあるんだな、と目から鱗。

インターネットの発達による世界的規模なこのUDプロジェクト。
速攻参加しました。

何故か。


ガン・白血病を始め、困難な病気は色々あるけども、

家族や友人を病気で失った事がある方なら分かると思います。

少しでも、ガン・白血病等に苦しみ、悲しむ人が減る為に



posted by naxyx at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2004 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。